サラリーマンが副業したとき個人事業主になるメリット

サラリーマン・副業・個人事業主
個人事業主とは雇用保険を掛けている会社での給与として入っている
収入以外に副業で収入がある場合、その金額が年で20万円を超えた場合申告しなければいけません。。

【関連記事】
サラリーマンの副業・確定申告

税務署に対して所得の課税分を決める確定申告をします。

このとき個人事業主として申告すると、年末調整をしていない場合でも
基礎控除額から38万円差し引いて考えてくれるので、所得に対してかかる課税分が減ることになり
結果的にトクする場合が多いです。

また、個人事業主による所得が赤字の場合、赤字申告が可能になります。
これによって節税できる場合があります。

分かりやすく説明すると、会社員の年収が500万円だったとして
そこから副業の収入が赤字で-100万円だとすると、

元々の会社から貰う給与所得の数字から-100万円、つまり400万円(500-100万円)で
所得税を計算してくれるので節税になります。

本業の会社から貰う給与の場合、会社のほうで先に税金が天引きされているので

この個人事業主の赤字申告をすることで過払い分となっている分が後から還付される形です。

ま~得しているのか得じゃないのかは人それぞれの
見解にもよるのですが、個人事業主になるまで副業をした意味は

会社の給与所得を上回る収入を手に入れるためにはじめたのが最初の動機でしょう。

なのにそこで赤字はネガティブな気もしますが。

副業をして個人事業主を名乗るメリットの一部として覚えておいてください。

コメントする

必須フィールドには、* がマークされています。あなたのメールアドレスが公開されることはありません。