あなたのエネルギーを少しずつ奪い取る!?15のダメ習慣

自然と自分では気づかない間に体にしみついてしまったその習慣。心の病にかかっていませんか?

ポジティブシンキングと聞くとどうしても、憂鬱になったりつらい時などには返って負担になりますが、無理に明るい発想とか考え方とか必要はありません。

貯めてしまいがちなマイナス習慣を減らす
だけなんですね。

わかっていても出来ていないひとに足りないこととは。

心まで疲弊させてしまう蓄積していく15個のダメ習慣

【1】やると決めた習慣をやらない
単に毎日でなくても、決まった曜日だけ日記を書くとか、決めたことを継続してやあることが最も重要なポイント。

サボり癖がついてしまうと、結局はできていない自分にストレスを感じるだけ。

【2】簡単な道ばかり選ぶ
目標もあるし、目標達成までのプロセスまでも想像ができているのにも関わらず近道をしたりしていませんか?

たとえ大変でも、1から10まですべてのステップを自分自身で踏むことで、経験の質がグンと上がります。面倒なところは周りに任せるのではなく、自ら率先して動いていきましょう。

【3】十分な睡眠時間をとっていない
寝ていない自慢はもう古い!、効率が悪いだけです。人間は寝てこそ脳をフル活用させることができるのです。

【4】ネガティブな発言が多い
ネガティブな発言が多い人は、その人本人だけでなく周りに悪影響。
自分自身も疲れさせてしまうだけです。

【5】完璧主義
すべてが正しくないと気が済まない。どんなに頑張っても答えがないことも世の中にはたくさんあります。
白でも黒でもないグレーもあります。

【6】息つく間もなく忙しい
あなたが最後に深呼吸をしたのはいつですか?

「忙しい」を通り越して、余裕のかけらもない人には陽の気が下りてくるわけがありません。

【7】3秒に1度LINEやメールをチェック
しばらく、そっとスマホから離れてみてはいかがでしょうか?
違った世界が見てくるはずです。

【8】糖質の摂りすぎ
食べたあとにどっと疲れを感じるのは、糖質をたくさん摂取し、インシュリンというホルモンが急上昇してしまっているからです。疲労を軽減するためにも糖質を控えめに。

【9】働いてばかりで遊びを忘れている
たまには仕事を忘れて、他の何かに没頭してみてはいかがでしょうか。

特にクリエイティブな仕事をしている人にとっては、アウトプットと同じくらいインプットが必要です。

【10】運動をしない
「運動」とは、運を動かすと書きます。そう運気をあげるのにも身体を動かすことは非常に重要なこと。成功者の多くがジムに通ったり、ジョギングしたりしています。

ただ座っているだけでは何も生まれません。自分の体に負荷をかけ、鍛え上げると体自身も喜ぶものなのです。

【11】興味のあることを深堀りしていない
自分が情熱を持てるものに対して一生懸命になると、生きるエネルギーがみなぎってきます。

【12】たくさんのことをいっぺんにやろうとする
たくさんやろうとすることは努力家の印ですが、背負うものが多いと、次第に身動きがとれなくなってしまいます。
必要以上に自分に負担はかけないように。

【13】感謝を怠る
達成感を感じることも大事ですが、毎日のいろいろなことにどれだけ感謝できているかのほうが、実は重要です

【14】人の話を聞かない
これは、相手に対してとても失礼なこと。聞くときは、100%相手の話に耳を向けましょう。

【15】自分がしたいことに時間を割いていない
自分の好きなことをしていると、エネルギーは自然と湧き出てきます。
自分の「好き」を忘れないようにしましょう。

コメントする

必須フィールドには、* がマークされています。あなたのメールアドレスが公開されることはありません。