一発で「若者に嫌われるおっさん」になる人の特徴

うちの50歳を過ぎた上司、まだ入って2年目弱の若手とやっている仕事は同じ(笑)
本人は何も悪いとは感じていないのだから最悪

ま~うちの上司のことはいいや。
一発で「若者に嫌われるおっさん」になっちゃう人の特徴を遠回りしないで、直球で行きます。

「常に自分の保身が最優先で、しかも社内政治の話題が大好き」

「不機嫌を平気で顔に出し、相手によって露骨に態度を変える」

「新しいことに関心を持たず『昔はよかった』としか言わない」

爆笑するしかない、これらを本人が気づかないまませっせと実践しているうちの上司さん。どんどん嫌われてしまっていることには何も気が付いていない。気づいていないどころか自分は世のため人のためになっていると思っているからして最悪。

ただもう「どう思われてもいい」と開き直ってるのかもしれませんが・・・。

ややこしい40代以上の男の社会的地位、そこでいかにして生き抜いていくのかすべてはあなた次第

コメントする

必須フィールドには、* がマークされています。あなたのメールアドレスが公開されることはありません。