「価格と価値は同じではない!」世界的大富豪が選んだ愛車が意味するもの

株やFXをやっていてる人なら耳にしたことがある人も多い
世界的に有名な投資家ウォーレン・バフェットのことを今日は話したい。

知らない人のために前もって説明すると
世界最大の投資持株会社バークシャー・ハサウェイの筆頭株主

このウォーレン・バフェットの純資産は昨年発表された数字で633億ドル
日本円に換算すると現レート103円くらいで計算しても7596億円

あの富豪Facebookのマーク・ザッカーバーグの約1.7倍の資産を有する
文句なしの世界有数の大富豪

このたびこの人が乗っている愛車が話題になっていた記事を読んで
感じることがいくつかあったので記しておく

このウォーレン・バフェットは投資界ではカリスマ的存在で
「長期的な投資をせよ!」
「価格と価値は同じではない!」
という独自の方法論を持ち、書籍などもたくさん出ているので
この人の考え方を実践して投資しているひとも多いのではなかろうか。

そんなウォーレン・バフェットが愛車にしている車が

なんと日本車、【スバル レガシィ アウトバック】だったという記事!

BE5_OBK_2.5i-L_front-style_dark-gray
出典:スバル

この車、価格は日本円で車両本体が356万円。
その辺のデキる稼いでいるサラリーマンならすぐ買えそうなお値段。

ま~世界に名をとどろかせる富豪なので他にもたくさん車は持っていそうな気もするけど
これが愛車なんだと

ボクサーエンジンと、AWDの組み合わせによる走破性の高さと走りの気持ちよさはまさに
「価格と価値は同じではない」を地で行った選択だったのかもしれない

車や腕時計は間違いなく男のステイタス

そこでも周りの目などステイタス性よりも自分の価値観を優先させた
ウォーレン・バフェットがスゴイ

やっぱり凄い!!

この人がするからやっぱりスゴイとなるだけかもしれませんが・・・。

コメントする

必須フィールドには、* がマークされています。あなたのメールアドレスが公開されることはありません。