覚悟して今を改めよ!人が死ぬ前に後悔する5つのこと

自分の最期を考えて何かを考えてこれまで行動したことなんて
一度もないから実感が湧いてこないけど

つまりはそういうことです!

先のことなんか考えない!今を楽しく!がモットーのひとは
たぶん後悔もしないと思うので大丈夫です、この記事ぶっ飛ばしてください!

今なにも考えずにただもんもんと生きていると
そのうち体も動かなくなって気づいた時にはもう、あなたは死ぬ手前・・・

そのときに「私の人生は幸せだった」といえる人生ってすばらしいですよね。
なんか人生をまっとうに生きたオトナの誠実さがカッコいいです。

なんだかんだ、ぶつくさ持論を言って死ぬ爺さんより
「幸せだった」って言い残し静かに天国へ…。

そんなめっちゃカッコイイ生き方できるように
息を引き取る直前に多くの人が語ったという言葉を紹介した元看護士の
ボニー・ウェア(Bronnie Ware)さんのブログから拝借します。

もっとも多かった順に

【1】自分の人生を生きる自覚を持つべきだった

elder
親の期待、上司の期待、世間の常識ばかり気にして生きている人のほうが多いでしょう。

でも一度きりの自分の人生。
誰かが望むような生き方ではなく自分の選んだ道を歩まないかぎりそれは死ぬ前に絶対後悔するはずです。

【2】もっとしっかり働けばよかった

hataraku
意外と多いのではないかと思います。

自分の意思とは真逆に本当に身体の自由が利かなくなったとしたら
あなたはそんなとき、もっと熱心に、妥協することなく、必死ではたらくべきだった…。
多くの人が思うでしょう。

のんびりと時間が経過するだけをまつのではなく自ら人生をコントロールしている自覚で
今に全力を尽くしたいです。

【3】もっと自分を表現する勇気を持つべきだった

man
大人になると、思ったことを口にできない瞬間がたくさんあります。
争いを避けるのは大人としての持っていて当然のルールですが、

人の意見を聞くばかりでなく、自分の「ああしたい、こうしたい」
しっかりと自分の希望を口にして表現する。それからディスカッションを繰り返し
”折り合い”をとれるのが本当の人と人との上手なつながりを構築できる大人なのかもしれません。

【4】もっともっと友人と繋がっておくべきだった

team
これは、まだ死ぬ前じゃないけど私自身が40半ばにしてもうすでに思っています。

仕事が忙しいから。自分のことで精いっぱいで付き合いもあざなりになってしまう
友達だけでなく、親族や兄弟、恩師など、

定期的なお手入れが必要なんです。

世界的な自己啓発の名著『7つの習慣』でも人間関係は常にメンテナンスをするべきだと書かれています。

【5】もっと自分が幸せになる努力をするべきだった

person-731280_960_720
人の期待とか意志ではなくて

本当に自分が今いちばんしたいことってなんですか?
自分がいちばん幸せになれることって知っていますか?
その幸せをつかむために“行動”を起こしていますか?

人は緊急なことと
緊急ではなくても必要なことにしか目がいきません。
でも自分を望む幸せに近づける努力とは、緊急じゃなくても大事なことに隠されています。

緊急じゃなくても大事なこととはやらなくても何も弊害はないのだけれど
それ未満もなければそれ以上も望めません。

大事だと分かっているけど、急ぎの用事や誘惑のほうに注力してしまい
ただただ時間だけ過ぎていき、そのときには…。

何かを待ったり、偶然を期待するのではなく、自らの行動で幸せに“なる”と決めていますぐ動き始めてください。

コメントする

必須フィールドには、* がマークされています。あなたのメールアドレスが公開されることはありません。