自分の「正しさ」を主張するばかりでは出世できないワケ

megasuteki

稼ぐ男は“プライドよりも実を取りに行く”

けっこう仕事の中で、渉外が増えてくると
話し合いの合間で、どちらが正しいのか、間違っているのかとか
結構どうでもよくて、スルーしても良さそうな事がいっぱいあるのに気が付く。

スルーというかそのまま相手の言い分をそのときだけでも鵜呑みにしたほうが
返って、あとあとの仕事が自分の思ったようにスムースに運びやすくなったりする。

自身が昔ウエイターの仕事をしていた頃、
自分が聞いたオーダー通りに料理を持って行ったはずなのに、

「頼んだものと違う」って客が怒鳴ってきたことがある。

あきらかに客の勘違いで、注文時のハンディ端末はもちろんホール側とキッチンの伝票にも記録は残っている。

「いや~でも、お料理はご注文通りに…」なんて何分か客と押し問答www

そうこうしていると後ろから支配人が来て
「大変失礼致しました。すぐに作り直してお持ちします」という対応をとった。
これには俺もビックリ!

支配人は顧客の満足、そして次もまた当店を利用してもらうリピート促進に最善を尽くしたのです。

相手の間違いを指摘したところで、得られるものは何もないどころか
顧客を失うことにもなりかねないことを知っていたからです。

相手とどちらが本当に正しかったのか議論したところで意味がない。

今の俺が、そのころの自分を見つけたら、本気で真上から鉄のたらいを落としたいwww

彼らはそれよりも、愛されつづけ
「どうしたら、長くリピーターとしてして使ってもらえるようになるのか」
ビジネス本来の目的にフォーカスした対応を常に考えている本当の意味でのプロだったのです。

社会人として働いてきた過去20数年間で、俺自身がこの対応が自然に出来ている
“プライドよりも実を取りに行く”稼ぐ男だなと感じた人物は、これまでにたったひとりいました。
そのくらい行動に移すことがむずかしい事なのかもしれません。

では、対人関係の場合は?
会社でのコミュニケーションはどうすればいいのか?
このあと見ていきます。

自分の「正しさ」を主張するばかりで周りに好かれない人の特徴

もちろんビジネスの間では、こちらが圧倒的に不利になるとか、
大きな損害を被る可能性があるなら、きちんと反論する必要がある。

確かにベンダー側との条件交渉といった場面では、うかうか隙を見せていたら
安く値切られてしまう可能性だってあり得る。へりくだる必要は全くない。

だが、同じ社内で、上司や同僚とこれをやってしまうと
途端に自分の居場所が狭くなる。

自分自身がこの経験者でもあり、また同じような人を何人も見てきた。

中には有能過ぎるあまりの周りとの「調和が上手くとれていなかっただけ…」で
いきなり飛び立った途端にスズメがタカになって羽ばたいた人もいる(笑)

が、完全に元のさやに戻っても歓迎される場所は確保されていない。

調和が上手くとれていなかっただけ…」そこが落ちて行った最大の理由。

なぜなら自分たちは「正しい」し、誰よりも「仕事がデキる」って思っているから
周りと同じ目線で仕事を運ぶことが出来ない。
というよりは、周りと一緒にすることなんて最初から考えていない。

現在、昔の俺に会うことができたなら目の前から水風船ぶん投げたい。。。

もちろん上司にも同じような対応になってしまう。
少しでも「こうしたほうがいいよ」っていうアドバイスでもしようものなら
常に自分の方が上だと思っているから誰かに指示されること自体に腹立たしくて、
機関銃のごとくまくしたてるように反論し言い訳をぶっかます。

こういうやつは妙なオーラが出てる自称「俺はビジネスライクなデキる男」…
さようならwww

デキると思っているのは自分だけでホントは自信のない小心者がとる行動だ。
そのあたりは先に自信と過信、謙虚と卑屈 ビジネスマンに必要な人格とはでも書きました。

反面、「おまえが論じるな」っていう、目の前の作業でさえロクにこなせないヤツが
いつも上司に吠えてることもある。このまま出世なんてしないだろうなって思う。

こういうヤツこそ、どうでもいいだけど
こういうヤツはゆっくりと自然にフェードアウトしていくのが末路であるから、関わる必要もない。

自分の経験上、「コイツ落ちればいいのに」って思うような奴はこちらが何かしなくても
勝手に落ちぶれていくので放っておけばいい。

そう昔の俺みたいにwww(泣)

コメントする

必須フィールドには、* がマークされています。あなたのメールアドレスが公開されることはありません。