結果が出なくても「頑張らない」逆境に動じない超一流の哲学

大股で1歩進むと、次の2歩目は踏ん張って歩きにくい。

当然デキる男は勉強もし、努力も怠らない

がその努力がすべて報われるとも限らず、
結果として自分が予想だにしない現状に直面する事さえある。

そんなとき自分たちの頭によぎるのは、「努力が足りない!」、
「もっと頑張らなければ…。」

rurubu「もっと努力しなければダメだ」となると
これまでの自分を否定することになる。
一流と呼ばれる人達は、結果に振り回されて、ペースを乱すよりも、継続することを大切にしている。

出典:東洋経済ONLINE

結果に波はあっても、全体で見たときにきちんと成長できていればいい。

そのときだけ奮起しても継続できなければ意味がない。

デキるひとは、たとえ失敗したとしても成功までに必ず訪れるひとつの結果として受け入れ
淡々と対処する。そういう意味での頑張らない。

対処するというと語弊があるかもしれない、
淡々とこれまでの継続してきたことをもっと続けていくだけなのだ。

精神的に成熟していないサラリーマンに見えてくるのは
がんばるときはめちゃくちゃがんばるのですが、少しうまくいかなくなると「ああ、もうダメだ。」となる。
いいときはいいけれど、ダメなときはダメというムラのあるタイプ。

結果に波(ムラ)があるのはあたりまえだけど、そのあとの対処方法にムラがあるということは、
結局自分をコントロールできていないことになり

成熟していない、まだビジネスマンとしては大人になっていない証拠

超一流と呼ばれる人はまだ結果に結びついていないだけで、
今日もやっている努力が必ずや自分自身の役に立ち、
あとあと大きな成功につながると自分を信じてそれらを維持、継続している

コメントする

必須フィールドには、* がマークされています。あなたのメールアドレスが公開されることはありません。