サラリーマン 年金 支給額

サラリーマンの老後の年金は
いったいいくら支給されるのか?

は~いさてさてここからちょっと国語の問題です。

受給とは=給与などを受け取ること

支給とは=役所・会社などが、それに属する者に金品を払い渡すこと

すなわち同じ。

【関連記事】
サラリーマンの年金受給額

サラリーマンが実際に年金を実際に受け取れる支給額には
聞いたら「そりゃそうだよね」ってなるあたりまえのからくりがあります。

ようするに年金 支給額とは
支給される額のことですが

このサイト内のページでも述べてある受給額受け取る額と

ほかのサイトなどでよく知らべた時に出てくる受給額とは

法に基づいた年金の計算式で大体の数字をはじき出した
”予定の”支給額です。

私たちは受け取る側なので受給額と思い込んで
いたるところで言われる計算式を用いて簡単に調べれる年金の数字は
支給する側、いわゆる支払ってくれる国の元になる金額で

実際に支給される=(受給する)ときの額には
もちろんこれまでの給与と同じ税金がかかります。

公的年金等の支払を受けるときは、原則として収入金額からその年金に応じて定められている一定の控除額を差し引いた額に5.105%を乗じた金額が源泉徴収されます。

控除額が差し引かれたものがサラリーマンが実際に受け取る支給額!?
いや~受給額!?

コメントする

必須フィールドには、* がマークされています。あなたのメールアドレスが公開されることはありません。