あなたの仕事「生産」してますか?人件費削減と生産性と効率化と

人件費削減・効率化・生産性

人件費削減・効率化・生産性

あなたの仕事「生産」してますか?

俺ですか?してます!個人的には。
社内での貢献度はわかりません。

少し前の話になりますが、うちの会社の上司が
俺とは違う部署で大掛かりな人件費削減を目標にした大改革を行い、数人が一気に辞めていった。

その中にはもちろんのこと、仕事ができると周りから認められた奴もいたし、
こいつには辞めてほしくなかったのにと思われる人間も含まれていた。

この改革の定説はこうだった。

「人件費削減」をしなければいけないのでこれ以上人は雇えない、8時間労働ではなく12時間働け!ということだったらしい
どこまでもブラックな企業であることはさておき、

で、それで誰が得するって?会社の経営者の財布だけだろ!?

社内の人間は誰一人として得しない!
給料そのままで、労働時間だけ伸ばされて

挙句の果てに売り上げ下がってるのを自分たちのせいにされることは仕事ができる奴ならすぐに気づくだろう。

このことでいちばん問題なのは、この大改革を行って
威厳を示したつもりのこの上司の大きな勘違いである。

人件費を削るのは良い。無駄な経費は大いに削って給料あげてくれ!

ただそこまでの過程がなにもないのに、

これまで他の部署では12時間労働があたりまえ化していたのに、この部署だけ8~9時間で交代する制度がいつの間にか出来上がっており
それをこれまで野放しにしてきたにも関わらず、

人件費削減を目的にいきなり長時間労働を強いられても、それではいはい着いてくるバカがどこにいようか。

普通に考えてもわかる話だろう。

直接現場の生産にも関わる人員整理は最終手段だ。手を尽くした後に一番最後にすればいい。

それよりも大事なのは「生産性」だろう。

結局いくら人件費を削ったところで、拘束時間を伸ばしたところで目先のお金は浮くが
生産性が改善されていなければ、どのみち結果は変わらない。

というかこの人はあきらかに、「生産性」など理解していないことを、話していて感じた。

かわいそうに…。

誰かが助言してあげないとわからないよこの人は。

けどそのくせ
この人は、自他ともに認める、負けず嫌いで自分が認めている人以外のことは一切聞かない。

このひとは自分と同じ部署の仲の良い同僚とも意見が一致する判断「おつむが弱い」
あまり頭が賢くないのだ。

終わってるなこの集団www

あ~、なんか書いてて面倒臭くなってきた

もういいや

コメントする

必須フィールドには、* がマークされています。あなたのメールアドレスが公開されることはありません。