他人とすぐに比べたがる人と比べない人の違い

他人と比べる人の心理

世の中にはすぐに他人と比べたがる人がいます。持ち物であったり。着るものであったり。自分の地位や名声、そして貯金などお金のことまで比べてそのたびに一喜一憂している人を見かけます。その代わりに自分の生き方、物事のとらえ方に自信を持っていて誰とも比べたりしない人もいます。

どちらが前向きで楽しく人生が過ごせるのか?もう一目瞭然です。

すぐに人と比べてしまい、都度落ち込んだり、高揚したりする性格を治すための他人と比べない人の心理を基に考察していきます。

信念を持っている人は他人と比べない


他人と比べてしまう人と、比べない人の違いは信念です。例えば、自分の中で誰にも負けていない要素があれば、他人の事は気にならなくなります。プログラミングと英語が出来て、それを人からも認められている人間が、スポーツ万能な人に嫉妬することは無いのです。お互いの価値観が異なっているからこそ、お互いの信念がはっきりしていて、なおかつ他人と比べて自分を必要以上に蔑むことはなくなるのです。しかし、その一方で常にSNSを見ていたり、テレビのワイドショーなどで芸能人の不祥事を常にチェックしている方は、すぐに他人と比較してしまう傾向にあります。理由は自己の信念が確立されておらず、他人を見続けていることでしか自己を保つことが出来ないからです。人の足を引っ張ったり、他人のことが気になって仕方がないなどと行った性格の人はこの傾向にあります。自分の中で揺れることのない思いのある人間は、人の些細な失敗や成功に一喜一憂することは無いのです。自己が確立されている人間は、最初から他人に価値観を預けてしまうことがなく、時代や世間体などが変わっていったとしても、自分は変わることが無いのです。こういった人たちは、すぐに比べたがる人と違って生意気だったり、空気を読んだ行動をすることが出来なかったりなど、集団から浮いた存在であると思われがちです。しかし、非常時には誰もが頼れる存在として行動できることが多くなる傾向にあります。例えば、常に災害について自分で調べて、有事の際に何を行動するべきかを考えている人間は、他人と同じようなパニックを引き起こすことはしません。それだけでなく、次に人々がどういった行動を取るのかを知っているため、予め自分で考えて行動を起こすことができます。

他人の比べる人は無責任


他人と比べたがる人は、ただ漫然と人の粗探しをしているだけで、本質を見極めることができていないので、結果的に他人と同じ行動をしていればそれで良いと考えるようになります。自分で考えた行動ができないので、自分の行動の責任を他人になすりつけてしまい、その結果人間関係上の問題に発展してしまうのです。この問題はビジネスにおいても顕著で、営業成績が良好で経験が豊富な社員が自分で考えて、休日も書籍などを読んで調べた上で行動しているのに対して、成績が悪い社員はいきあたりばったりな楽観主義的な思想をしていることが多いです。この状況が長く続いてしまうと、最終的に解雇されてしまう可能性も少なくありません。他人と比べたがる人は、このように価値観が根本的に異なっているのです。だから人との付き合いもうまく行かない上に、感情に振り回されて一喜一憂してしまうことが増えてしまうのです。

まとめ

以上の点から、他人と比べない人は最初から自分に取って揺れることがない信念を持っており、それを元に行動しています。他人の粗探しをするよりも、自分に厳しくしているので行動に矛盾が発生しにくくなりますし、人間関係上のトラブルに発展してしまうこともありません。それだけでなく、休みの日であっても自分を高めるための行動を選択します。それを見て他人と比較する人は、無意味に嫉妬をしてしまい、足を引っ張ることで心の安寧を得ようとするのです。会社内の同じ部署にその二人が存在した場合、他人と比べない人は会社を自らの医師で離れようとして、人と比べる人はほかの人から煙たがられる存在になってしまいます。そのため、全員が他人と比べない人間にするためには、何よりも自分の中で守るべき信念を身につけることが重要になります。入社時にその点をチェックすることで、部署内の生産性を下げる人材を確保しないようにすることが可能です。