病は気から!自分の人生を生きてない病気になりやすい人の治し方


病は気からということわざがありますが、身をもって実感したことがあるという方も多いのではないでしょうか。病気は自分の気の持ち方次第で良くも悪くもなるという意味で、簡単に言えばプラシーボ効果ということになります。たかがプラシーボ効果と軽視する方もいれば、されどプラシーボ効果と重んじる方もいるでしょう。信じる者は救われるという言葉もありますので、前向きな姿勢やポジティブな考え方で病を撃退しましょう。成功体験を積み重ねれば、それが確信に変わります。病といかに上手く付き合っていくか、病の原因になり得るものに対するリスク管理をしっかりと行うことが出来るかが、心身ともに健康な状態でいるための最大のテーマです。

そこで重要になってくるのが、自分の人生を生きるということです。自分の人生を生きることが出来なければ、無理やストレスが生じて病気になりやすくなってしまいます。ライフスタイルや仕事や家庭や環境や性格や意識や考え方や価値観など、ありとあらゆるものが影響して生き方に反映されます。コミュニケーション能力や社交性や会話力に自信が持てず人間関係を築くことに難しさを感じる、職場での人間関係がうまくいかず仕事にも悪影響が及ぶ、家庭内のトラブルが多くて家にいても緊張状態が続き安らげない、組織の中での自分の役割を理解しているつもりだけど矛盾が多くて納得することが出来ない、制限や制約が多くて自分らしさを出せず仕事にやりがいを感じることが出来ない、他人と比較する癖があり一喜一憂したり落ち込んだり劣等感を覚えたりしてしまう、アイデンティティを確立することが出来ず自分のスタイルがなかなか定まらない、周りに流されて自分の意見や考え方が簡単に変わってしまうことがある、努力をしてもなかなか報われず自信がどんどん失われていくなど、生きていると様々なトラブルや困難や葛藤や不安や悩みがつきまといます。これらがストレスの要因となり、ひいては病気の原因となります。ストレスと病は切っても切れない関係で、ストレスが原因で引き起こされる病は数え切れないほどあります。

その代表格となるのが、うつ病や統合失調症や自律神経失調症やパニック障害や対人恐怖症や社会不安障害や不眠症などの精神疾患です。夜になると急に不安感や恐怖感が押し寄せてきてなかなか寝付くことが出来ず夜中に何度も目が覚めてしまう、環境の変化がトリガーとなり発作やめまいや頭痛や吐き気や耳鳴りなどの症状が突発的に生じる、人前に出ると緊張で発汗や赤面や震えなどの症状が出てしまい上手く話せなくなる、原因不明の体調不良が長く続き日常生活に支障をきたす、体がだるくて食欲不振に陥り食事が出来ずエネルギー不足や栄養不足に陥る、人と関わることがとにかく苦痛で引きこもりがちになってしまうなどの心の不調がある場合は要注意です。心の不調は放置することで症状がどんどん悪化してしまいますし、重大な疾患に発展してしまうリスクもあります。病は気からという言葉を信じ、自分なりの治し方を見出しましょう。治し方を見出すための指針となるのが、自分の人生を生きているかどうかです。

まずは、自分自身をしっかりと見つめ直し、自分自身ときちんと向き合うことが大事です。無理やストレスの原因を特定することが出来れば、自ずと対策方法が見えてきます。具体的な対策方法としては、他人と比較することは止めて自分の考え方やオリジナリティや価値観を肯定する、失敗することは当たり前で失敗することは悪いことではないというマインドセットで色々なことに挑戦してみる、物事を悲観的に捉えたり固定観念にとらわれたりネガティブ思考になったりすることを避けて人生を楽しもうとする努力をする、コミュニケーション能力を向上させるために自分から積極的に人と関わりとにかく場数を踏む、自分に自信が持てるようになるために資格や免許を取得したり勉強をしてスキルアップさせたり幅広い知識を身につけたりするなどがあります。生まれ持った性格を変えることは出来ませんが、意識や気の持ち方を変えることは出来ます。ちょっとした意識改革が、モチベーションの向上にもつながります。気分や意識や価値観や考え方が変われば見える景色も変わりますし、凝り固まったマインドセットや偏見やストレスや無理から解放されて心が楽になるでしょう。ストレスを取り除くためには、物理的なケアも必要不可欠です。趣味に没頭する時間をつくって気分転換を図る、忙しくても睡眠時間をきちんと確保して自律神経のバランスが乱れないようにする、ヒーリング音楽やアロマの香りやマッサージやストレッチや瞑想などで心身ともにリラックスさせる、その日の疲れはその日のうちにしっかりと取り除いて翌日に持ち込まないなど、自分なりのストレス解消法を見つけることが出来れば、それが安心感につながります。自分一人で悩みを抱え込まず、誰かに相談することも大切です。